toggle
2014-07-16

検索エンジンのビジネスモデルを理解しよう

Sharing is caring!

 

Googleの検索エンジンのビジネスモデルについて考えたことがありますか?当たり前ですがグーグルも企業(会社)なんですよ。ボランティアじゃありませんから利益を出さなきゃいけません。じゃあ検索エンジンって、どこで利益を出しているんだろうか・・・そんなことを考えたことがありますか?

グーグルの検索エンジンは3種類の人間によって成り立つ

検索エンジンというサービスがこの世に存在するためには、以下の3種類の人間が必要です。

  • WEBサイト(ホームページやブログなど)を運営している人
  • それらを検索するユーザー
  • 検索エンジンに広告を出したがる広告主

この1人でも欠けてしまうと検索エンジンはビジネスとして存在することができなくなります。もしあなたがGoogleの検索エンジンを運営していたら、と考えてみてください。どこに注力すべきだと思いますか?圧倒的に検索ユーザーなんです。

検索エンジンで情報を検索してくれる人が満足できるサービスを全力で提供することで、グーグルを使う人が増え、リピーターも増えていきます。するとグーグルへアクセスする人が増えますよね。人が集まる場所にはお金が集まります。広告を出稿したいという人(広告主)が増えるんです。結果的にグーグルの収益が最大化されるというわけです。

どうすれば検索結果の上位に表示されるのか

その答えは明らかで、検索ユーザーにとって有益な情報を提供できるサイトを作ることです。グーグルが一番大切にしている検索ユーザーは、自分にとって最も有益な情報を求めています。SEOにお金をかけただけのサイトを上位表示してほしくないのです。

検索エンジンが最も大事に考えている検索ユーザーにとって最も有益な情報を提供していれば、必然的に上位に表示されていくということです。あなたも検索ユーザーのことを第一に考えたサイト作りをしてみてはいかがでしょうか。

Sharing is caring!

関連記事