toggle
2014-08-28

日本人がターゲットのブログでは日本語を使おう

Sharing is caring!

 

私はブログデザインを作成させていただいている職業柄、毎日多くの方のブログを見ています。

その中で、日本語以外の言語で書いているブログを見かけることがあります。

日本人をターゲットとしているにも関わらず。

ブログタイトルと説明文

ブログのタイトル及び説明文。

ここを英語で書いているブログはけっこう多いのですが、絶対にやめてください。

当たり前ですが日本人は日本語で検索します。

ブログタイトルを英語にすることで、日本語で検索されたときの検索結果にブログが表示されません。

これではいつまでたっても新規の読者を獲得することが出来ませんよね。

効果的なブログタイトルと説明文のつけ方についてはこちらをご覧ください。

店名やブランド名

お店の名前やブランドの名前に英語やフランス語を使用する方は多いです。

特に女性をターゲットとしたサロンのオーナーさんに目立ちます。

オシャレでとても良い名前だと思うのですが、せめて読み方を明記してあげてください。

あなたにとっては当たり前かもしれませんが、はじめてブランド名を見た人はおそらく読めません。

ブログの中に読めない文章があるだけで読む気が失せてしまいます。

記事タイトルと本文

特に英会話の講師に多いのですが、ブログを英語で書いてしまっているのです。

外国人やすでに英語が分かる方をターゲットとしているのであれば問題ありません。

しかし英語ができない日本人をターゲットとしているのであれば話は別です。

英会話の講師ですから、英語でブログを書いていればその実力をアピールすることにもなりますが、

そもそも誰にも見られることはないでしょう。

なぜならブログタイトルと同様に、日本人は日本語で検索するからです。

日本人に向けて書くのであれば日本語を使いましょう。

Sharing is caring!

関連記事