あなたのサイトに見込み客を集めるブログの書き方講座

ブログ集客法

ブログ集客講座

見込み客をネットで集客するためにブログを書いている人の9割以上が集客できていないことを知っていますか?そして彼らが1年もブログを書き続けているのに全く集客できないのはなぜか知っていますか?この講座では、1人でも多くの見込み客をブログで集客するための考え方と方法について詳しく解説していきます。ブログの強みを最大限に生かし売上を倍増させましょう。

本講座の目的

対象:ブログを書いているが全く反響(アクセス・お問い合わせ)がない人。これからブログ集客を考えている人。自社商品・サービスをネットで販売したいと思っている小さな会社のブログのご担当者さん。

見込み客の定義:今はまだあなたのこと、あなたの商品やサービスの存在を知らないけど、将来的にあなたから購入してくれる可能性がある人達。

受講後どうなる?:新たな見込み客を集めるためのブログの書き方(考え方)が分かり、ブログからの売上が倍増する。

ブログにはいろんな考え方(書き方)がある

ブログと一言で言っても、その目的や用途は様々です。

  • 趣味で自分の日記としてブログを活用する(自己満足のため)
  • 友人とコミュニケーションしたい
  • 商用利用の中でも、既存客とコミュニケーションしリピート販売に繋げたい

などです。しかし多くの人は潜在的に「ブログ=日記」だったり「ブログ=セールス」と思ってしまっています。本当は集客するために書き始めたブログなのに、なぜか自分の趣味について書いてしまったり、今日起こった出来事について書いてしまったり。それらは自己満足のための記事です。決して集客するための記事ではありません。自己が満足したいという目的を持って趣味について書いたブログは、結果的に自己満足できますので目的が達成されます。友人とコミュニケーションしたいという目的で友人に対して書いたブログは、結果的に友人とコミュニケーションするという目的が達成されます。

集客するという目的で書くブログは上記と全く異なる内容の、集客するための記事を書かなければなりません。集客するための記事は、あなたの日記や自慢ではなく、美味しいお店の紹介でもなく、キャンペーンのお知らせでもありません。まだあなたの存在を知らない見込み客にとって興味のある有益なブログでなければならないのです。

見込み客はあなたのことに興味がないし、そもそも知らない

あなたがブログに集めたい見込み客は、あなた自身のことになんか1mmも興味がないですし、そもそもこの地球上に存在していることすら知りません。この意識を持つことはとても重要です。この意識さえあれば今日書くブログにあなたの趣味について書こうとは思わなくなるはずです。人は誰もが自分は特別な人間だと思いがちで、自分の考え方を聞いて欲しいという願望がありますよね。しかし赤の他人である見込み客からすれば、あなたのことなんてどうだっていいんです。

ではなぜそんな人達が、全く興味がないあなたのブログにアクセスしてくるのか。すでに多くの人に認知されている有名人(芸能人やスポーツ選手など)が書くブログと比較してみましょう。読者が求めている情報とアクセスの流れが真逆だということが分かります。

ブログへのアクセスの流れ

有名人が書いているブログは「誰が書いているか」が最も重要なのに対し、あなたが書いているブログは「何が書かれているか」が最も重要です。ブログで集客できていない人の多くは有名人が書くような内容のブログを書いています。つまり、オレの!オレの!オレの話を聞け~♪状態。そんなブログにアクセスが集まらないのは至極当然なこと。なぜなら見込み客はあなたのことに一切興味がないですし、この地球上に存在していることすら知らないからです。

では一体どんなブログを書けば見込み客が集まってくるのかと言うと、見込み客の役に立つブログです。なにかしらの悩みを持ってネット検索したユーザーの問題を解決し、評価される記事を書かなければならないのです。

読者に評価される記事を書く(考え方編)

以下に典型的な集客できないブログに書かれている記事を挙げてみます。

こんにちは!今日は当店スタッフ 木村の誕生日でした。社内で相談してサプライズケーキをこっそり用意。昼休みにプチサプライズパーティーを開催しました♪とても喜んでくれたみたいでよかったです!これからもお仕事頑張ってね~。

・・・。誰が読むねん!と関西弁でつっこみたくなります。木村って誰やねん!そもそもお前が誰やねん!です。身の回りに起こった出来事を毎日更新してもアクセスが集まらない、全く集客できない理由がお分かりいただけましたか?でも実はブログにアクセスが集まらない本当の理由は「興味がないから」ではないのです。ブログのアクセスが増えない直接的な理由、それは・・・アクセスしたくてもアクセスすることができないことです。

どういうことか。まず大前提として見込み客はあなたの存在、そしてあなたが書いているブログの存在を知りません。当然スタッフ木村のことも知るはずがありません。そんな見込み客が上記の記事にアクセスするには、Googleやyahooでなにかしらのキーワードを入力して検索しなければなりませんよね。では、上記の記事にアクセスするためにはどんなキーワードを入力しなければならないと思いますか?

  • スタッフ 木村 誕生日
  • 昼休み プチサプライズ

などです。実際に文章中に使用されているキーワードにしか検索エンジンの検索はひっかかりませんので。この世の中に「スタッフ 木村 誕生日」と検索する人が果たしているでしょうか。皆無です。仮にいたとしても、それは確実に上記の記事を探しているのではなく他の木村を探しているはずです。

つまり何が言いたいかというと、集客できていない人が書くブログには検索キーワードが全く意識されていないため、検索で辿り着くことができないということです。検索されないからアクセスが集まらないのです。ブログは検索されてこそ、その強みを最大限に生かすことができます。むしろ検索されないブログなんて書く意味がありません。そんな記事を書くならよっぽどTwitterやFacebookをお勧めします。

新規の見込み客を集客するための記事を書くための考え方として、今から書く記事はどんなキーワードで検索された時に検索結果の上位に表示させる記事にしようか、と考えます。常に検索キーワードを意識することが重要です。キーワードが決まったら、あとはそのキーワードを記事の中で使用してそのキーワードについて書けばいいだけです。意味も無くキーワードを使用するだけでは意味がありませんし検索エンジンからは評価されません。

読者に評価される記事を書く(実践編)

検索されるためのキーワードを意識してブログを書かなければいけないということを知った上で、実際にブログを書く際の流れをご紹介します。

  1. 誰のために書くかを考える
  2. その人はどんなキーワードで検索するかを考える
  3. そのキーワードで検索した人はどんな情報を求めているか考える
  4. 見出しを考える(簡易計画書を作る)
  5. 問題を解決する

まずは今から書こうとしている記事は一体誰のための記事なのかを考えてください。例えばあなたがプラモデル屋さんの場合、プラモデルという大きなカテゴリーの中でも特に塗装に注目してみます。仕上げの塗装でどうしても色がムラになってしまって困っている人のためにブログを書こうと決めました。では、その人はGoogleやYahooでどのようなキーワードを検索するでしょうか。おそらく「プラモデル 塗装 ムラ」のような検索になると想像できます。それではもし仮に「プラモデル 塗装 ムラ」と実際に検索した人がいたとして、その人はどんな情報を求めているでしょうか。塗装がムラになる原因を知りたいのかもしれませんが、最終的に望む状態は”ムラ無くきれいに塗れるようになること”だと思います。

ここまで見えてきたら、ブログの簡易計画書を作りましょう。簡易計画書はどんな形式でも構いませんが、最初は紙に手書きすることをお勧めします。記事のタイトル、見出し、小見出し、どこに写真や動画を貼るかをざっくり考えます。記事のタイトルや見出しには先ほど意識したキーワードを違和感無く使用しましょう。このような計画書を作っておくことで、ブログを書いている途中に何が言いたいのか分からなくなって混乱することがなくなりますし、読者にとって読みやすい文章になります。

ブログ1記事1記事が営業マンだ

たかがブログに計画書だぁ?とあなどらないで下さい。「たかがブログ」と言ってる人は「たかがの内容」しか書いたことがないだけの話です。ブログを日記的なものだと考えてはいけません。集客するために書くブログに関して言えば、記事1つ1つが立派なコンテンツであるべきです。記事を1つ書くのとホームページを1つ作るのは全く同じレベルだと考えていく必要があります。なぜなら1つの記事が今後大量の見込み客を集客してくれる可能性が大いにあるからです。10万円20万円かけて作ったホームページなんかよりも、です。

キーワードを意識して作成した記事は、1つのコンテンツとして今後半永久的に働き続けてくれます。あなたの変わりに24時間365日休まず見込み客を集客し続けてくれるのです。誰にも検索されないブログを毎日15分かけて更新するよりも、しっかりとキーワードを意識して作りこまれた1記事を3時間かけて作ってみてください。

最後に最も重要なのは見込み客の問題を解決することです。いくらキーワードを意識して書いたブログであっても、それを読み終えた見込み客の問題が解決されなければ意味がありません。問題を解決してこそあなたの読者になってもらえますし、その記事を書いた人(要はあなた)に初めて興味を持ってもらうことが出来ます。定期的にブログにアクセスしてもらえるようになり、いつしかあなたのファンと化しているでしょう。さらにとても役に立つ記事やおもしろい記事は誰かに教えてあげたくなりますのでシェアされやすく、口コミでの広がりも期待できます。

明日は別のキーワードで記事を書く。明後日はまた別のキーワードを意識する。この繰り返しでブログの中に良質なコンテンツを蓄積していきましょう。数ヵ月後にはあなたのサイトに見込み客を集めるブログになっているはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

宇田 和志(ウダカズシ)中小企業・個人事業主のためのネット集客専門家

ネット集客を得意とするネット集客アドバイザー。ネットでの集客にお悩みの中小企業・個人事業主様のためのアドバイス、ホームページ制作、ブログカスタマイズ、PPC広告などのサービスをご提供致します。集客ブログカスタマイズの専門家としてブログ制作実績は2015年5月時点で1,500名を超える。

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る

サイトマップ