検索エンジン対策(SEO)をするキーワードの選定で間違っていませんか?

ブログ集客法

 

今日は検索エンジン対策(SEO)をする際に選定するキーワードに関するありがちな間違いについてお話してみたいと思います。ホームページやブログを上位表示させたい!とお悩みの方は是非ご覧下さい。・・・と、その前にまずはちょっと以下のシチュエーションを想像してみてくださいね。

ある晴れた日曜日。鈴木家では家族4人揃ってリビングでまったり過ごしていました。時計は12:00を回りそろそろお腹がすいてきたため、近所のファミリーレストランで食事をすることに決めました。お店に着くと店員に案内され、テーブルの禁煙席に着席。さぁ、何を食べようかな・・・と思った次の瞬間!店員がすたすたと近づいてきて「お待たせ致しました。カレーライスです。」と頼んでもいないカレーライスを持ってきたではありませんか。

こんな事がもし本当に起こったとしたら、あなたはどう思いますか?おそらく多くの人が「えっ?頼んでないけど?そんなものよりメニューを頂戴」って思うと思います。奇跡的にカレーを食べたかった人もいるかもしれませんが、それはかなり稀なケース。ファミレスにはたくさんのメニューがあり、その中で自分の食べたいものを選びたいはずです。要は、昼食にファミレスという選択をした人は、さらにそのファミレスの中でも何を食べるのかを選択したいというわけです。

カレーライスを運んできた店員がおっちょこちょいだったのでしょうか。いいえ。実はこれ、あなた自身も検索エンジン上でも同じようなことをしている可能性があるんです。SEOを意識するキーワードの選定で間違っていませんか?

小さな会社が検索エンジンで上位表示を意識するキーワード

あなたが仮に愛知県で小さなバイク屋さんを営んでいるとします。インターネットからも集客するためにホームページを作り、ブログも更新するようにしています。当然ですがこのホームページとブログがGoogleの検索結果の上位に表示されるようになりたいですよね。しかしここで多くの人がある間違いを犯しがちなんです。

例えば、バイク屋さんということで単純に「バイク」というキーワードを上位表示するキーワードとしたとしましょう。そして奇跡的に「バイク」というキーワードで検索するとあなたのバイク屋さんが1位に表示されるようになったとします。それこそが「ファミレス行ったらいきなりカレー」のような状態。「バイク」と検索していきなり愛知県の小さなバイク屋が表示されたら、多くの検索ユーザーが「え?なんで?」という状態になってしまうでしょう。なぜなら、「バイク」という検索からは一体何を求めているのか予想もつきません。

  • 買いたい
  • 売りたい
  • 修理したい
  • 免許が欲しい
  • 写真素材を探している
  • 「バイク」という名前のレストランを探している

いろいろ考えられます。そんな中、超ピンポイントな愛知県の小さなバイク屋のホームページが上位表示されるわけがないのです。その変わりにGoogleは選択肢を与えるために大手企業のサイトやWikipediaなどのサイトを上位表示させます。要は、レストランで言うメニュー表ですね。

  • レストランで何を食べたいですか?
  • 「バイク」に関する何をお探しですか?

という具合です。いかなる業種も、ビッグキーワードで小さな会社のホームページが上位表示されることは本当に稀だということを肝に銘じておいてください。ビッグキーワードで大手サイトとSEO勝負をするのは無駄な努力になる場合が多く、そもそも大手サイトをライバルにしてはいけないのです。

複合スモールキーワードで勝負

それでは大手サイトや大企業には勝てないじゃないか!いいえ。違います。SEOで勝負する場所が違うのです。何が食べたいか分からないお客に対してメニュー表を手渡すように、何を知りたいのか分からない検索ユーザーに対して検索エンジンは大手サイトや選択肢を残したサイトを表示します。

しかし、「ラーメン頂戴」と注文したお客に対してはラーメンを提案しますよね。それと同じで、あなたのホームページを探している人(あなたの商品やサービスを必要としている人)に対してはあなたのホームページを提案するのが検索エンジンなんです。例えば、「愛知 バイク 修理」と検索した人はメニュー表が欲しいわけではなく、愛知県でバイクの修理をしてくれるお店を探していることが明白です。そんな時はフワッとした大手サイトよりもあなたのホームページを上位表示したほうが確実に有益ですよね。

あなたのホームページは誰の悩みを解決することができるのか。そしてその人はどんなキーワードで検索するだろう・・・と想像力を働かせてください。多くの場合、あなたの見込み客が検索するキーワードは「バイク」のような単一のビッグキーワードでは無いはずです。2つ3つのキーワードを組み合わせて検索することがほとんどですので、その複合キーワードで上位表示されるような記事を書いて、SEOを意識してください。1つの記事を書き終えたらまた別のキーワードの組み合わせを考えて。あなたのホームページやブログの中に見込み客の入り口となる記事をたくさんストックしてください。

小さな会社が検索エンジン対策(SEO)で意識するキーワードはビッグキーワードではなく、複数のキーワードを組み合わせた複合キーワード。これ、テストに出ますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

宇田 和志(ウダカズシ)中小企業・個人事業主のためのネット集客専門家

ネット集客を得意とするネット集客アドバイザー。ネットでの集客にお悩みの中小企業・個人事業主様のためのアドバイス、ホームページ制作、ブログカスタマイズ、PPC広告などのサービスをご提供致します。集客ブログカスタマイズの専門家としてブログ制作実績は2015年5月時点で1,500名を超える。

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る

サイトマップ