toggle
2016-02-16

ライバルを知る ~そのサイトにSEOで勝てますか?~

Sharing is caring!

 

ライバルサイトのこと見てますか?この質問に対する答えがNOであれば、この記事があなたのサイトの上位表示のお役に立てると思います。検索エンジン対策(SEO)をしていく中で、一体どんなサイトをライバルにしているかを把握することは非常に重要です。勝つためには相手のことを知らなければならない、こんなことは勝負の世界で当たり前ですよね。

キーワードを選定した瞬間にライバルが決まる

例えばあなたが愛知県で小さなバイク屋さんを営んでいるとします。ネットで集客するために作ったホームページを上位表示させるために検索エンジン対策(SEO)を行ないます。そしてSEOのためにキーワードを意識した記事を書こうと考えます。ここまではごくごく一般的な流れなのですが、SEOを意識するキーワードに「バイク」という超ビッグキーワードを選定してしまったとしましょう。では、記事を書き始める前に実際にGoogleで「バイク」と検索してください。

g4159

現状そこに上位表示されているサイトに、あなたのホームページが勝てますか?全国展開しているGooBikeやバイクブロス、価格.comなどのサイトにあなたのホームページが勝てると本気で思いますか?残念ながら無理なんです。ビッグキーワードですでに上位表示されているサイトはそれなりの理由があります。

  • 膨大で良質なコンテンツ
  • 大量の被リンク
  • 運用実績の高いドメイン

など、検索エンジンが順位付けの判断材料とする全ての項目において、小さなホームページが勝てるところはありません。あなたがこれから毎日一生懸命にブログを書いても全く太刀打ちできるレベルではありません。サイトを上位表示することで何かしらの収益を上げているようなSEOのプロでもない限り、ビッグキーワードでライバルに勝つことは99%無理だということがお分かりいただけるでしょう。

というかそもそもこんな大手企業や大手サイトをライバルにしてはいけないのです。勝負してはいけない相手です。ボクシング初心者はどうあがいてもマイク・タイソンには勝てないのですから。土俵を変えましょう。

勝てる可能性があるキーワードの組み合わせを探す

SEOを意識するために選定したキーワードで実際にGoogle検索してみると現状のライバルを把握することができます。ビッグキーワードでは勝てないということが分かりましたので、スモールキーワードもしくは複数のキーワードからなる複合キーワードを考えてみてください。

例えば「愛知 バイク」ならどうでしょう。実際に検索してみるて上位に表示されたライバルサイトたちに勝てそうかどうか分析してみます。まだ難しそうであれば、「一宮市 バイク」のようにもう少し地域を絞ってみたり、「愛知 バイク 修理」のようにキーワードを増やしたり組み合わせを変えてみたりします。その全てのキーワードで実際に検索してみることがとても重要で、そのうちに「お、これは勝てるかもしれない」というキーワードが見つかると思います。

そうして選定したキーワードを意識した記事を書きます。すでにライバルがどのような記事を書いているかを知っていますので、今現在上位に表示されている記事よりも有益で親身な記事を書かなければならないということになります。では、20分程度でちゃちゃっと済ませるわけにはいきませんよね。集客のためのホームページやブログではライバルにSEOで勝てるコンテンツを作っていきましょう。

Sharing is caring!

関連記事