本気で売るためのページ作り【2】 なぜキラーページが必要なのか

ブログ集客法

 

■バックナンバー

本気で売るためのページ作り【1】 今日中に売らなければならない・・・宇田ならどうする?

 

ある特定の商品を販売するためだけに作成されたキラーページとPPC広告を活用すれば、

今日中に商品を販売することは可能です。

ではどうしてホームページやブログではなく、キラーページでなくてはならないのでしょうか。

通常のホームページの場合、ホームページの中に多数の情報が入り乱れています。

  • 当社のご案内
  • サービス・料金一覧
  • 商品一覧
  • 会社概要
  • お問い合わせ

基本的に1つのホームページの中には複数のページが存在するものです。

こういったサイトにPPCでアクセスを集めたとしても、検索ユーザーは迷ってしまいます。

「俺が求めている情報ってどのページに書かれているんだろう・・・どこをクリックすればいいんだろう・・・」

って。

その結果、検索結果に戻られてしまうのです。

お客様はよく分からないサイトで買い物しようとは思いません。

同じ商品やサービスは山ほどあるんですから、より分かりやすいサイトへ行くまでです。

それに比べてキラーページは、ある特定の商品のことだけしか書かれていません。

余分な情報が一切無いのです。

例えば「腹筋 割る」と検索したユーザーに対して、腹筋を割るための商品だけを紹介することができます。

様々な筋トレグッズを紹介するのではありません。

検索ユーザーに余分な迷いを与えないということです。

商品が複数ある場合は、販売したい商品の数だけキラーページを用意します。

そしてそれぞれの商品を購入する可能性があるユーザーの検索ワードのみに入札することで、

無駄な広告費をかけることなく、商品を購入する可能性があるユーザーだけを集めることができる。

それがキラーページとPPCの最大の強みです。

 

次回は、PPCでお金をかけずにホームページやブログに今日中にアクセスを集めて販売できるか。

これについて試行錯誤してみたいと思います。

本気で売るためのページ作り【3】 ブログでお金をかけずになんとか今日中に売れないだろうか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

宇田 和志(ウダカズシ)中小企業・個人事業主のためのネット集客専門家

ネット集客を得意とするネット集客アドバイザー。ネットでの集客にお悩みの中小企業・個人事業主様のためのアドバイス、ホームページ制作、ブログカスタマイズ、PPC広告などのサービスをご提供致します。集客ブログカスタマイズの専門家としてブログ制作実績は2015年5月時点で1,500名を超える。

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る

サイトマップ